FC2ブログ

    上海で世界的注目の通商協議が開催 貿易戦争(20)

    上海世界的注目通商協議開催
            貿易戦争(20)




    前ページでアメリカの農産物を中国が輸入
    するようだというニュースを掲載しました
    が、これに対してトランプ氏は「中国はア
    メリカの農産物の購入を開始することにな
    っていたが、そのような兆候はない」とい
    うことです。そして「任期まで時間稼ぎを
    するな」ということです。


    通商協議の前なので協議を真剣にやってほ
    しいとは読めるのですが、農産物について
    は約束を守っていない、購入をいつまで引
    き伸ばすつもりかとけん制しています。そ
    れも大統領の任期が終わるまで引き伸ばす
    のはやめて欲しいと強い表現です。実際、
    アメリカ中西部の農家はトランプ氏の票田
    であり、中国が票田の農家を期待させたり
    失望させたりすると、トランプ氏は穏やか
    にしていられないのでしょう。露骨な表現
    になっています。




    2つ目の記事は、アメリカと中国のその通
    商協議が7月30日と31日上海で開かれた
    ニュースです。アメリカからはライトハイ
    ザー通商代表とムニューシン財務長官、中
    国からは劉鶴副首相と非公開で会談しまし
    た。トランプ氏の威嚇のような、けん制の
    ようなお話にも拘らず、これといった合意
    点はありませんでした。つまり、トランプ
    大統領の言ったとおりになりました。


    5月の時に遡ると、トランプ大統領は「中国
    は約束を破った」と言って、「5月10日から
    2200億ドルの範囲を関税25%にする」と表
    明しました。これが通商協議の直前でした。
    中国の劉鶴副首相は何も協議ができません
    でした。中国はこの時のお返しをしたと言
    えないこともありません。


    綿花や豚肉を含むアメリカの農産物を輸入
    するといった駆け引きで閣僚2人を上海
    でおびき出して、通商協議を開き、結果は
    手ぶらでアメリカへ帰国させたと見ること
    ができます。劉鶴副首相は面子を維持して、
    一人満足したのではないでしょうか。それ
    はともかく、重要なのはアメリカの閣僚2
    人がトランプ大統領へどのような報告をす
    るかでしょう。


    中国政権の姿勢の限界を見たとか、通商協
    議の場所を上海にした理由とか、大統領の
    予測は正しいとか、有効なのはやはり関税
    でしょうとか、関税収入で農家を支えたら
    とか、閣僚2人は実施できる内容を報告す
    るでしょう。トランプ大統領は任期を気に
    気にしているので、関税のスケジュールを
    作るのではないでしょうか。
    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
    スーパーセル・ノースダコタ州2017年6月
    貿易戦争7月の7・スーパーセル・ノースダコタ州・2017年6月.GIF

     

    トランプ氏通商協議で中国に警告 「任期満了まで時間稼ぐな

    ロイター 7/31(水) 1:35配信


    トランプ米大統領は30日、中国が通商協議を巡り自身の1期目の任期が終わるまで時間稼ぎをしないよう警告した(2019年 ロイター/LEAH MILLIS)

    [ワシントン 30日 ロイター] - トランプ米大統領は30日、中国が通商協議を巡り自身の1期目の任期が終わるまで時間稼ぎをしないよう警告した。2020年11月の米大統領選でトランプ氏が再選すれば、通商協議の行方はさらに厳しいものとなり、決裂する恐れもあるとの考えを示した。

    トランプ氏はツイッターへの投稿で「中国が待つことによる問題は、もし私が(大統領選に)勝利したとき、中国とのディールは現在交渉しているものよりはるかに困難なものになるか、全くディールしないかだろう」と指摘。「中国は米国の農産物の購入を開始することになっていたが、そのような兆候はない。これは中国の問題であり、中国側が約束を果たしていない」と述べた。

    その後、記者団に対し、米中通商協議はうまくいっているものの、米国には「良い合意を結ぶか、まったく合意しないかのいずれか」だとし、「今後の展開を見極める」と表明した。

    さらに「もし中国に願い事があるとしたら、大統領選まで待って私が落選するのを見届けたいということだろう。中国は私との合意を喉から手が出るほど望んでいる。中国には多大な譲歩をする用意がある。しかし譲歩したからといって私がそれを受け入れるとは限らない」とした。

    米中の閣僚級通商協議はこの日から上海で始まった。


    トランプ氏、通商協議で中国に警告 「任期満了まで時間稼ぐな

    7月31日(水) 1時35分  中国・台湾(ロイター)

    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

    米中貿易協議終了、9月に米で再協議へ 中国報道

    AFP=時事 7/31(水) 20:16配信


    中国・上海で写真撮影に臨む(左から)ロバート・ライトハイザー米通商代表、中国の劉鶴副首相、スティーブン・ムニューシン米財務長官(2019年7月31日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】(更新)米中両政府は31日、先月の首脳会談で協議再開に合意して以降、初の交渉となった中国・上海での貿易協議を終えた。中国国営メディアによると、9月に米国で再協議することで合意したという。

    【図解】中国、民主化なき経済成長に暗雲も

     米代表団のロバート・ライトハイザー(Robert Lighthizer)通商代表とスティーブン・ムニューシン(Steven Mnuchin)財務長官は同日、中国の劉鶴(Liu He)副首相と非公開で交渉。協議は約4時間と比較的短く、米中代表は予想より早く協議の場を後にした。

     協議終了後に北京で記者会見し、今回の交渉について質問を受けた華春瑩(Hua Chunying)外務省報道官は「病気になった時、他人に薬を飲むよう頼んでも無意味だ」と語り、「貿易交渉の際には、米国は一層の真摯(しんし)さと誠実さを示すべきだと思う」と述べ、現在の交渉の行き詰まりは米側に責任があるとの見解を明確にした。

     一方ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は前日の30日、中国政府が公正な取引を行う意志にかけているとツイッター(Twitter)で非難し、中国は米国の農産物の輸入を始めることになっていたが「そうしている気配はない」として、「現在、わがチームが中国側と交渉しているが、中国はいつも最後に自分の都合で合意を変える」と投稿。「中国の問題だ。彼らはただ単に約束を守らない」と非難していた。

     しかし国営新華社(Xinhua)通信は今回の協議について、「率直で非常に効率的、建設的」な話し合いとなり、米中の交渉担当者らが9月に米国で再び協議することで合意したと報じた。

     同社の報道によると、双方は中国による米農産物の輸入拡大についても議論し、中国がそれに向けて国内需要を見極めていくこと、米国は好条件を整えていくことを提示したという。【翻訳編集】 AFPBB News


    米中貿易協議終了、9月に米で再協議へ 中国報道

    7月31日(水) 20時16分 国際総合(AFP=時事)

    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

    よかったら覗いてみて
    世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com


    終りまでお読み頂き、ありがとうございました

    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

    (下を「いいね」のようにお願いします。いつも感謝しています)
    ★低コストで簡単、プロのような
     ホームページ作成「グーペ」
    ショップ名:GMOペパボ株式会社

    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

    スポンサーサイト



    テーマ : 危ない南シナ海 - ジャンル : ニュース

    tag : 上海 世界的注目 通商協議 開催 トランプ氏 中国 警告 任期満了 時間稼ぐな