FC2ブログ

    台湾いじめは「台北法」で防ぐ予定 新冷戦(20)

    台湾いじめは「台北法」で防ぐ予定
               新冷戦(20)




    台湾の外交活動が妨害されたようです。
    9月16日にソロモン諸島が台湾と断交し、
    そして9月20日にはキリバスが雪崩式に台
    湾と断交しました。9月21日にはソロモン
    諸島のマネレ外相が中国の王毅外相が国交
    樹立の文書に署名したということです。キ
    リバスも中国と国交を樹立する予定です。
    これは中国の台湾孤立を狙った外交作戦で
    す。台湾独立を主張する蔡英文政権に打撃
    を加えているのです。


    ところが、アメリカの議員の中に台湾を支
    援したい議員がいて去年の9月に「台北法
    という法案を議会に提出しているというこ
    とです。内容は台湾の国家承認や非政府間
    交流を各国に促すようアメリカ政府に要求
    するということです。法案を提出している
    議員はアメリカと国際社会は北京政府の台
    湾いじめ行為を制止しなければならない、
    といことです。


    ◇◇◇   ◇◇◇

    2つ目のニュースはドイツでの動きですが、
    台湾(中華民国)と国交を自立すべきという請
    願書が議会へ提出され、現在は13000人の署
    名が集まっているということです。10月9日
    までに5万人の署名が集まったら議会で議論
    が始まるということです。台湾は民主主義国
    家であり、承認していないのは非常に理解し
    難いということです。


    日本もアメリカも台湾と国交は結んでいませ
    ん。協定に基づいて行き来しています。ドイ
    ツにとって中国は最大の貿易相手国となって
    います。中国政府は台湾は中国の一部と主張
    しているので何か言うでしょうね。ドイツの
    産業界は中国優先でしょう。ということでこ
    の署名運動が今後どのようになるか予測がつ
    きません。この動きがヨーロッパ諸国に影響
    しそうではあります。
    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
     スーパーセル・テキサス州2018年5月

    貿易戦争8月11・スーパーセル・テキサス州・18年5月26日.PNG
       夕焼けするスーパーセル

    米議員台湾支援法案成立期待ソロモン断交受け

    中央社フォーカス台湾 9/17(火) 15:05配信


    米議員、台湾支援の法案成立に期待=ソロモン断交受け


    (ワシントン 17日 中央社)中華民国(台湾)が16日、南太平洋のソロモン諸島と断交したのを受け、米議員からは台湾の国家承認や台湾との非政府間交流を各国に促すよう米政府に要求する法案「台北法」(Taiwan Allies International Protection and Enhancement Initiative Act、略称:TAIPEI Act)の成立に期待する声が上がっている。

    同法案は昨年9月、共和党のコリー・ガードナー上院議員らによって提出された。台湾に不利となる行動をとった国に対し、外交関係のレベルの引き下げや、軍事的融資など支援の一時停止または変更の措置をとる権限を米国務省に与えることも提言されており、中国の圧力を背景にした断交の連鎖に歯止めをかける狙いがある。

    ガードナー議員はツイッターで、ソロモン諸島が台湾との外交関係を断ったことは「非常に理解しがたく、残念な過ちだ」と言及。この決定は取り消されるべきとの考えを示した。その次の投稿で、議会は自身が提出した台北法について迅速に検討するべきだと訴えた。

    ガードナー議員と共に法案を提出したマルコ・ルビオ議員(共和党)もツイッターで、ソロモン諸島は中国の圧力に直近で屈した国となったと指摘。米国と国際社会は北京のいじめや台湾を孤立させる行為を制止しなければならないとし、議会は台北法を可決させる時が来たとつづった。

    蔡英文総統が2016年5月に就任して以来、台湾と断交した国は6カ国目で、外交関係を結ぶ国は16カ国となった。

    (江今葉/編集:楊千慧)

    米議員台湾支援法案成立期待ソロモン断交受け

    9月17日(火) 15時5分 中国・台湾(中央社フォーカス台湾)

    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

    「中華民国と国交樹立を」ドイツ人が請願書 1万3千人超が署名/台湾

    中央社フォーカス台湾  9/17(火) 19:19配信



    (ベルリン 17日 中央社)中華民国(台湾)と国交を樹立するようドイツ政府に求める請願書が一般市民により提出され、17日午後1時(台湾時間同午後7時)現在、1万3000件超の署名を集めている。来月9日までに署名数が5万件に達すれば、ドイツ議会で議論される。

    請願書では、天安門事件から30周年を迎えることに触れ、この虐殺の責任を取るべき中華人民共和国政府が国連に加盟しており、各国の承認を得ていると言及。ドイツは中国を国として認めている一方、民主主義国家である中華民国を承認していないことは、非常に理解し難いと訴えている。

    請願書は5月末に提出され、今月11日から署名が可能になった。ドイツ人でなくても、サイトに氏名やメールアドレスなどを記入して署名することができる。署名が規定数を満たし立案されれば、台湾の地位をめぐる問題がドイツでより注目されることになる。

    (林育立/編集:楊千慧)

    「中華民国と国交樹立を」ドイツ人が請願書 1万3千人超が署名/台湾

    9月17日(火) 19時19分 中国・台湾(中央社フォーカス台湾)

    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
    よかったら覗いてみて

    世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com


    終りまでお読み頂き、ありがとうございました

    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

    (下を「いいね」のようにお願いします。いつも感謝しています)
    ★低コストで簡単、プロのような
     ホームページ作成「グーペ」

    ショップ名:GMOペパボ株式会社
    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
    スポンサーサイト



    テーマ : 危ない南シナ海 - ジャンル : ニュース

    tag : 台湾いじめ 台北法 防ぐ 予定 新冷戦 米議員 台湾支援 法案成立 期待 ソロモン断交